プロフィール

■1973年 東京都世田谷区で生まれる。

■1986年(小学校時代) 
少年野球でよく練習で走っていたおかげで、マラソン大会で学年1番に。
国立競技場でこどもの日に行われたチビリンピックに出場し、6位の成績で自分の名前が電光掲示板に!感動しました。

声が大きいという理由で学芸会の主役に抜擢!
「おいだら山が燃えている〜」(セリフの一部)

■1989年(中学校時代) 
軟式テニス部に所属し、ほぼ毎日練習していました。
始業前の朝練習や元旦返上の練習などしていました。
ただ頑張りすぎて、無断で朝練習をし、父兄が呼び出されてしまったこともありました。

■1992年(高校時代)
三軒茶屋にある私立世田谷学園高等学校に入学しました。
3年間陸上部に所属し、最後の年はキャプテンも務めました。
1500mを中心に大会に出場し、最初は6分以上かかっていましたが、4分30秒ま    
でタイムが縮まり、精一杯努力すれば結果が伴うことを実感しました。

また知らぬ間にクラス代表に決められていた弁論大会に出場し、高校1年の時にカナダに留学した時の体験談を発表し、熱弁賞を受賞しました。

■1997年(大学時代)
明治大学商学部に入学しました。
大学2年の時、明治大学商学部奨学論文に応募し佳作に選ばれました。
テーマは「アメリカの社会状況と音楽」でした。
バイト先の尊敬している上司の薦めで、締切日2日前に急に提出することを決意   
したため、2日間徹夜し、400字の原稿用紙50枚を書き上げました。
提出した時の充実感は今も覚えています。

経営戦略のゼミに所属し、大学対抗ディスカッションに参加したり、販売促進用 
ポスターコンクールに出品するなど有意義な体験をさせてもらいました。

■2000年 税理士の受験勉強後、葛エ本会計に入社しました。
明治大学の先輩で今も尊敬する橋本守先生、そして会社の先輩から本当に色々
教えて頂きました。
歯科を中心とするお客様を任される中で、会計という仕事のやりがいを実感しました。

プロフィール画像■2001年 真保良(母)が経営している真保良税理士事務所入社。
日本話し方センターの創始者の江川ひろしさんの親孝行の講演を聞き、“仕事を通じて親孝行したい”と決意。
11月に結婚し、川崎の住民になりました。(現在一男二女の父です)

■2002年 大学時代のゼミの友人(会計ソフト開発会社勤務)から会計士の先生はコンピュータが本当に苦手という話を聞き、このままではいけないと思い、コンピュータの勉強をし、11月に情報処理技術者試験(初級システムアドミニストレータ)に合格。

■2003年 11月(高橋尚子選手が東京国際マラソンを走った日)に多摩川の10kmマラソンに参加し、ゴール手前で熱中症にかかり倒れ、意識不明のままの救急車で病院に運ばれる。妻の顔を見るまで死んでしまったと思い込んでいました。
悔いのない人生を送ることを再決意。その後もこりずにレースにでています。

■2004年 東京地方税理士会川崎南支部に税理士登録(登録番号100474号)。
尊敬している飲食店の社長(2003年末にガンで亡くなられました)とお話しする中での言葉「責任を負うことで更に自分を成長させられる」により、税理士登録することを決意しました。


■2007年 MTVジャパン主催のロック検定2・3 級合格(中学時代から洋楽にはまり、あまり信じてもらえませんが税理士になれなかったら、音楽評論家になろうと本気で思っていました。)

■2008年  NPO法人ファザーリング・ジャパン主催の子育てパパ力検定でナイスパパ認定

s-第一回パパ検ナイスパパ.jpg
■2010年  世田谷に事務所移転(川崎から生まれ育った世田谷に)


■2014年 税理士法人化(税理士法人しんぼ会計に)  


■2014年 日本クレド経営協会認定アドバイザーに


■2015年 クレド経営アドバイザー賞を受賞 

s-クレドサミット2.jpg

よろしくお願いします。